圧着ハガキは様々な手段で扱える

カレンダー

2019年7月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ

圧着ハガキの魅力を確認しましょう

圧着ハガキでダイレクトメールを送ると大きなメリットを受ける事ができます。いくつかメリットがあるので確認をしましょう。圧着ハガキは情報を大量に載せる事ができます。通常のハガキだと片面にしか情報を載せる事ができないので、自分が掲載したいと考えていた情報を全て盛り込めない場合があります。何面かになっているので、考えていた情報に加えて別の情報も載せる事ができます。
そして1番魅力的だと思われているのが料金です。圧着ハガキでダイレクトメールを送る際も料金はかかってしまいますが、通常のハガキと同じ料金で送る事ができます。情報量は増えるのにコストは増えないので、かなり大きな宣伝の効果をもたらしてくれます。
さらに開封率が高い部分に魅力を感じている人もいます。圧着ハガキは開いてみないとなんの情報が掲載されているのか分かりません。中身を確認しないで破棄してしまう人は少ないです。開いてなんの情報か確かめてもらう事ができるので、必ず見てもらう事ができます。
開封率がほぼ100%と言う事もあり、大手の企業などでも圧着ハガキでダイレクトメールを送る事が増えています。確認してもらえるからと言って情報を詰めすぎてしまうのではなく、見やすいようにレイアウトを考えて完成させましょう。

自分でも注文できる圧着ハガキ

みなさんは圧着ハガキをご存知でしょうか。名前を聞いてもピンとこないかもしれませんがきっと誰もが見たことがあるはずです。公共料金の明細やダイレクトメール等で2つに折られたハガキが剥がれにくいように接着されており、簡単に剥がれるものの一度剥がすともうくっつかないと言ったタイプのハガキです。公共料金の明細などの個人情報が書かれたハガキでは個人情報保護の観点からこの圧着ハガキが使われています。
一度剥がしたらもう一度くっつけられないという特徴から他人が剥がした場合にすぐに分かるため個人情報が他人に見られていないと判別することができるのです。封筒などよりも楽に見られるため今ではおなじみのハガキとなっています。
いろいろな観点から便利なため多く広まっている圧着ハガキですが、こういった特殊なタイプのハガキはなかなか個人で扱うのは難しく個人にとって関係ないとお思いの方も多いでしょう。しかし実は様々な手段で個人でも扱うことができるのです。代表的なのはダイレクトメールの請負業者に頼むことです。
ネットからでも受付ができるので比較的簡単に頼むことが出来ます。そしてもう一つが自分で作るタイプ、こちらは専用のキットを使って作るのですが小規模の場合はこちらを使えば中身を誰にも見せずに作ることが可能です。

ご不明な点はお問い合せフォームからお願いします。 印刷~発送まで自社完結!安心をご提供致します。 FAX返信用紙内蔵DM、返信ハガキ付きうちわなど、レスポンスツール付きDMを多数ラインナップ! 制作から印刷・加工・発送まで全てお任せください。 官製はがきと同じ仕上がりサイズで何倍もの情報をお届けできる圧着DM。年間5580万部の実績! スクラッチカード年間1,500万枚の生産実績! 圧着ハガキのDMは社内一貫体制の「小松総合印刷」へ

最新記事一覧

2017年07月27日
圧着ハガキの相場とはを更新しました。
2017年07月27日
圧着ハガキは使い勝手がよく扱いやすいを更新しました。
2017年07月27日
今では圧着ハガキは様々な場面で見かけるを更新しました。
2017年07月27日
便利な圧着ハガキの利用法を更新しました。

Copyright(C)2017 使い勝手が良い圧着ハガキの種類の特徴と魅力 All Rights Reserved.