今では圧着ハガキは様々な場面で見かける

カレンダー

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリ

多くのメリットがある圧着ハガキ

通販などでお買い物をした時に、後日、ダイレクトメールが送られてくることがあると思いますが、めくるタイプのダイレクトメールを、圧着ハガキと言うでしょう。開く前に二スで貼り付けて、ハガキの中身を見れないように施されているものです。ただのハガキよりも圧着ハガキの方が、めくるドキドキ感がありますので、中に何が書かれているのだろうとついつい見てしまうと思います。そこでお得な情報などが書かれていたりすると、増々ドキドキ感が生まれると思います。ですのでメーカーさん側も、圧着ハガキを採用しているところが多いのではないでしょうか。
また圧着ハガキの方が、多くの情報を載せられる点も、圧着ハガキのポイントです。1回めくってV字型になっている圧着ハガキもあれば、2回めくるZ字の圧着ハガキもありますので、普通のハガキの何倍以上も情報を載せることが出来るのです。ですのでメーカーさん側に、大きなメリットがあるだけでなく、受け取る側にも、気持ち良く多くの情報が見ることが出来るという、嬉しいポイントがありますので、ここ昨今、よく見かけるようになったのではないでしょうか。
圧着ハガキの方が、やはり情報量が多いですし、また(貼るなどの)手間がかかっていますので、コストの面で費用がかかると思いますが、消費者が見てくれる、受け入れやすいものとしては、圧着ハガキを使った方が、メリットがより多いのではないでしょうか。

圧着ハガキは幅広く使われている

公共料金の明細やダイレクトメール等今や日常の数多くの場面で圧着ハガキを見かけると思います。当然ここまで広まっているのには大きなメリットがあるからです。一般的には個人で使うことはあまりないこの圧着ハガキですが、そのメリットを知っておくことでいざという時役に立つかもしれません。
まず公共料金の明細などに使われている場合ですが、最大の理由は個人情報などの重要情報の安全性でしょう。圧着ハガキには大きな特徴として簡単にはがせるけれど一度剥がすと戻せないというものがあります。そのため葉が冴えていないことが機密保持に直結するため除きたい人がいても簡単には覗けません。このために公共機関などが個人情報が書かれたハガキを出す際にこの圧着ハガキを使うケースが多いのです。
もう一つは掲載情報量です。薄い紙を折りたたんで使うためハガキ一枚サイズで送れるにも関わらず2倍や3倍の情報量を載せられるので、大変効率よく情報を届けることができるのです。
そしてもう一つは主にダイレクトメール向けですが、剥がす気持ちよさです。ふざけているようにも思えますが、情報をいかに読んでもらうかが重要なダイレクトメールにおいて、手にとって開いてもらうことは大きな桜花があります。その為ダイレクトメールでも圧着ハガキが幅広く使われるようになりました。

最新記事一覧

2017年07月27日
圧着ハガキの相場とはを更新しました。
2017年07月27日
圧着ハガキは使い勝手がよく扱いやすいを更新しました。
2017年07月27日
今では圧着ハガキは様々な場面で見かけるを更新しました。
2017年07月27日
便利な圧着ハガキの利用法を更新しました。

Copyright(C)2017 使い勝手が良い圧着ハガキの種類の特徴と魅力 All Rights Reserved.